尿酸値をすぐに下げる食事や運動、おすすめサプリメントを紹介☆

尿酸値をすぐに下げるには、薬が一番効果的です。

尿酸値を下げる薬としては
ベンズブロマノン、プロベネシド、ブコロームなどが有名ですが、

当然のことながら薬なので副作用や摂取にあたっての注意点が
あります。

各薬の副作用

  • ベンズブロマノン
    重篤な肝障害、尿路結石など
  • プロベネシド
    溶血性貧血、再生不良性貧血、重篤な肝障害、ネフローゼ症候群、尿路結石など
  • ブコローム
    皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、食欲不振、白血球減少など

また薬に頼って尿酸値を下げても、それは一過性のものであり、体質を変えた
ことにはならないため、生活習慣の改善を行わないと、また尿酸値は上昇します。

尿酸値を下げて、体質を改善したいなら、アンセリンのサプリメントがおすすめ
です。

早く尿酸値を下げたい痛風になりたくないならアンセリン!
当サイト、おすすめNo.1アンセリンサプリメント

アンセリンサプリメント

~生活の見直しで変わる!~3ヶ月で尿酸値を下げるポイント~

そもそも尿酸とは?

尿酸は“尿に排泄される酸”であることが名前の由来になっており、体内での代謝の過程で産生される老廃物の一種です。

健康診断などの検査結果で「尿酸値」や「血清尿酸値」と表記される、
いわゆる体内の尿酸の量は4.0~7.0mg/dl未満が正常値とされています。

7.0mg/dlを超えると「高尿酸血症」と呼ばれる状態になります。
血液の中にある尿酸は7.0mg/dlまでは溶けますが、7.0mg/dl以上になると
溶けずに結晶になりやすくなります。

その結果、高尿酸血症により生じた尿酸の結晶(尿酸塩結晶)が関節内に溜まり、強い痛みを引き起こす「痛風」を発症しやすくなります。また高尿酸血症は痛風だけでなく、尿路結石や高血圧、動脈硬化、腎臓病、心臓病などの疾病を発症する原因にもなります。高尿酸血症を発症した場合は、早急な治療が必要となるのです。

尿酸値が上がる原因とメカニズム

本来体内に溜められている尿酸の量は、毎日産生と排泄をくり返しながら一定に保たれています。

しかし様々な要因によって産生と排泄の均衡が保てなくなり、高尿酸血症を発症します。

尿酸値が高くなる要因は、生まれながらにしてもっている
体質的な「遺伝的要因」と、普段の望ましくない生活習慣に起因する
「環境要因」の2つに分けられます。

遺伝的な要因 家族とのDNA

遺伝的な要因では、尿酸値の変動に大きな影響を及ぼす遺伝子が関係しています。

近年の研究で、第2度近親者(祖父母、叔父(伯父)・叔母(伯母)、
異母・異父兄弟など)に痛風を発症した者がいる場合、
男性で1.27倍、女性で1.40倍痛風になるリスクが高くなることが明らかになりました。

遺伝的要因のほかに環境要因も痛風の発症に影響することがわかっており、
遺伝的要因が影響する割合は男性で約30%、女性で約20%と性差があります。

残り男性では約70%、女性で約80%は環境要因の影響と考えられるので、
遺伝要因を持っていたとしても生活習慣を改善することで痛風を予防すること
が可能といえます。

尿酸値を上げる環境要因 生活習慣

環境要因では、日常生活の過ごし方によって尿酸の産生が過剰または排泄の減少が起こります。尿酸の産生が過剰になる要因として、飲酒、プリン体が多く含まれる食事、肥満、癌、ストレス、激しい運動などが挙げられます。一方、尿酸の排泄が減少する要因として、飲酒、肥満、腎臓の病気、激しい運動、利尿剤や免疫抑制剤などの一部の薬剤の利用が挙げられます。食事や運動は、尿酸の産生が過剰または排泄が減少する要因の両方に影響する重要な要因であることがわかります。

尿酸値を下げるための食事

<食品の種類>

食事は尿酸の産生の過剰に大きく影響を及ぼします。

「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改訂委員会編集)」では、

「1日400mgを目安にしたプリン体の摂取制限」が食事療法として示されています。
尿酸はプリン体から作られるため、プリン体の摂取自体が多いと体内の
尿酸の生産が過剰になります。

プリン体は旨みの成分とされておりプリン塩基、核酸、プリンヌクレオシド
に含まれ、食品100g中プリン体の含有量が

300mg以上で「極めて多い」、
200~300mgで「多い」、
50~100mgで「少ない」、
50mg以下で「極めて少ない」

とされています。

プリン体が極めて多い食品、少ない食品

「極めて多い」食品には、
鶏レバー、マイワシ干物、白子、あんこう肝などがあり、

「多い」食品は、豚レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、大正エビなどがあります。

一方
「少ない」食品にはウナギ、豚ロース、牛肩ロース、牛タン、ベーコン、ほうれん草、カリフラワーなどがあり、

「極めて少ない」食品には魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼きちくわ、数の子、豆腐、牛乳、チーズ、鶏卵、じゃがいも、さつまいも、そば、果物、キャベツ、トマト、にんじん、大根、ひじき、わかめなどがあります。

これら「極めて少ない」食品の中でも、
ひじき、わかめ、大豆などは尿をアルカリ性にする働きがあるため、
積極的に食事に取り入れると良いといわれています。

また同じレバーの中でも、豚レバーや牛レバーは鶏レバーに比べてプリン体の含有量が少ないように、
プリン体が多い食品の摂取を我慢するのでなくプリン体が少ない食品で
代用する工夫をすることができます。

フルーツや果物は尿酸を下げるの?あげるの?おすすめは?

体に良いと考えられる果物も摂りすぎは禁物です。
果物の中には果糖(フルクトース)が含まれています。

果糖の過剰摂取は尿酸値の上昇につながるため、量を考える必要があります。
果糖は果物以外にもソフトドリンクにも含まれているため、

プリン体の多いビールを控えて甘いソフトドリンクに替えても尿酸値の改善には
効果的ではありません。

食事では、単品でプリン体の含有量が少なくても複数併さることで
全体としてプリン体の摂取量が多くなってしまう恐れがあります。

各食品に含まれるプリン体の量だけでなく、食品の組み合わせも十分に
考える必要があるといえます。

宣伝:尿酸値を下げるサプリメント

<尿酸値を下げるおすすめの食べる順番>

食事をする際に気を付けたいことが、食べる順番です。空腹時は食べたものを吸収しやすい状態になっています。そこで食べ始めはプリン体の含有量が少ない食品や野菜などのサラダから食べるようにします。野菜から食べることでプリン体の吸収を抑えること以外にも、プリン体だけでなく糖質やコレステロールの吸収を緩やかにすることができます。また野菜に含まれる食物繊維は満腹感を得やすいため食べ過ぎを防ぎ、肥満の予防改善に効果が期待できます。肥満になると尿酸を排出する腎臓の働きが弱まるため、尿酸値の改善につなげるため肥満を予防・改善するには野菜から食べることが推奨されます。また野菜と同様に食事のし始めに食べると良いものが汁物です。汁物はお茶やみそ汁、スープなどで、お腹を落ち着かせることができます。例えばきのこ類や海藻類はインスリンの分泌促進作用があるものがあり、健康のためには望ましい食品であるといえます。まとめると、尿酸値を改善させるために効果的な食べる順番は、①野菜、②汁物(きのこ類や食物繊維の豊富な海藻類が入ったものだとなお良い)、③主菜(肉、大豆製品、卵など)、④主食(ご飯、麺類など)です。食べる順番を工夫しても、プリン体の多い食品の組み合わせや食べる量が全体的に多いと効果がありません。食事全般を意識することが大切です。

<間食の種類>

小腹がすいたときに食べたくなる間食ですが、尿酸値を高めてしまう食品とそうでない食品があるので、間食で口にする食品を選ぶ必要があります。甘い菓子類は活動のエネルギーに使われますが、余った分はすべて中性脂肪として体に蓄えられます。間食はしないのが最も効果的ですが、どうしてもお腹がすいてしったときには甘い菓子類ではなく、尿酸値を上げにくい乳製品をとるようにすると良いです。クッキーやケーキなど甘い洋菓子は砂糖と脂肪を大量に摂取してしまいます。間食で甘いものを食べたくなったら洋菓子ではなくヨーグルトやチーズなどの乳製品を選ぶようにします。乳製品では低脂肪や無糖のものもあるため、意識的に低脂肪や無糖の製品を選ぶと良いでしょう。また甘くないスナック菓子も望ましくありません。スナック菓子は大量の塩分と脂肪を摂取してしまいます。しょっぱいものを食べたくなった場合はスナック菓子ではなく、おつまみ昆布やおつまみわかめなどを選ぶようにします。昆布やわかめはカロリーが低く、尿をアルカリ化する働きがあります。尿酸の改善効果があるので、間食したいときにはおすすめの食品です。ただし塩分が多いため、食べ過ぎに注意が必要です。さらにカロリーが低いからといって食べ過ぎると結局多くのカロリーを摂取してしまいます。間食の際は事前に食べる量を決めておくなどの工夫をするのがおすすめです。

尿酸値を下げるためのサプリメント

プリン体は多くの食品に含まれており、体内の尿酸値を食事で減少させていくことは簡単ではありません。食事でプリン体が「極めて多い」または「多い」食品は避けながら、サプリメントで尿酸値をコントロールしていく方法もあります。
尿酸値を下げる働きをするサプリメントに、「アンセリン」が注目されています。アンセリンは尿酸の体内での過剰な産生を抑え、同時に尿酸の体外への排泄を促す働きがあり、2つの働きによって尿酸値を下げることに役立ちます。アンセリンはヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ(HPRT)という酵素を体内で増やし、尿酸になる前に再びプリン体に戻す働きがあります。HPRTによって体内の尿酸が過剰に生産されるのを防ぎ、尿酸値が高くなるのを抑えます。もう一つ、アンセリンによって乳酸脱水酵素(LDH)という酵素が体内で増えます。体内に乳酸が多くなると尿酸が排泄されにくくなり、尿酸値が高くなります。しかしLDHの働きによって体内の乳酸の代謝を促進し乳酸を減らすことで、体内から尿酸を排泄する働きを高めます。乳酸は肉体疲労や飲酒によって体に溜まり、乳酸の値を下げるにはある程度の時間を要しますが、アンセリンを摂取することで肉体疲労を軽減できることが報告されています。アンセリンが含まれているサプリメントを上手に活用することで、体内のスムーズな代謝を助けることが期待できます。

尿酸値を下げるための運動

生活習慣病の予防や痛風、尿酸値の改善のために運動は効果があるといわれていますが、運動の種類ややり方を間違えると、反対に尿酸値を高めてしまう恐れがあります。自分に合った運動の「種類」、「頻度」、「強度」、「時間」を理解しておく必要があります。

<運動の種類>

尿酸値の改善に効果的な運動の「種類」は有酸素運動です。有酸素運動の中にはウオーキング、スイミング、サイクリング、ジョギング、ダンスなどが主に挙げられます。有酸素運動では運動中にアデノシン三リン酸(ATP)とアデノシン二リン酸(ADP)をエネルギー源として利用され、これらを再利用しながら運動を続けることができます。しかし無酸素運動では利用したATPがADPになったあとは再利用されずにプリン体として体内に放出されます。そうするとプリン体は尿酸に作り替えられ、体内の尿酸値が高くなります。そのため尿酸値を下げるための運動は、無酸素運動は極力控え、有酸素運動を中心に行っていくことが推奨されています。一方で筋量や体力を高め健康を維持するために筋力トレーニングを行うことは必要不可欠なので、無理しすぎず生活の中に取り入れていくことが大切です。

<運動の強度>

有酸素運動を行うことで肥満の改善にもつながります。肥満は尿酸を排泄する腎臓の働きを弱めるため、尿酸値を低下させるためには肥満の改善と予防が必要です。尿酸値の低下や肥満の改善に効果的な運動の強度は「中等度の強度(中強度)」です。中強度の目安は、運動をしていて少し息が切れるが苦しすぎない、人と話しながらできる、汗ばむ程度などといわれています。運動の強度が楽すぎる低強度や、きつすぎる高強度では効果的に体脂肪を燃焼することができません。運動の強度の設定には「カルボーネン法」と「自覚的運動強度」の2種類があり、自分の体力に合わせて適切に運動強度を設定することができます。カルボーネン法は計算をすることで中強度運動になる心拍数を算出します。①1分あたりの安静時心拍数を測ります。立ったり動いたりするとすぐに心拍数は上がるので、5分以上安静に座った状態で測定します。1分の心拍数を測ることももちろん良いですが、15秒間の心拍数に4をかけたり、6秒間の心拍数に10をかけたり計算方法を工夫することができます。②運動強度を設定します。中強度の運動とは、全力を100%とすると40~60%程度と考えることができます。普段運動を全く行っていない初心者は40%の強度から始めることが推奨されます。③カルボーネン法の計算式にあてはめます。【目標心拍数(拍/分)=(安静時心拍数(拍/分)-年齢(歳))×運動強度(60%の場合は0.6で計算)+安静時心拍数(拍/分)】で、運動強度が60%のときの心拍数がわかります。運動を行っている最中に心拍数を測り、算出した心拍数より低い場合はもう少し大きく体を動かして強度を高めます。反対に算出した心拍数よりも高い場合は強度が高すぎる可能性があるので、少し強度を下げる必要があります。計算式は複雑に感じますが、安静時心拍数を適正に測定することができれば、年齢と目標とする運動強度を計算式にあてはめるだけで算出することができます。
自覚的運動強度は自分の感覚で運動の強度を評価します。中強度の運動は「ややきつい」~「きつい」と感じるあたりです。運動をしていて「楽である」または「きつい」「きつすぎる」と感じる場合は強度が適切でない可能性がありますので、運動強度の再設定が必要になります。同じ運動でも人によって強度は異なるため、自分にとって最も効果的な中強度の運動ができるようにしておくことが大切です。

<運動の頻度>

尿酸値を下げるのに効果的な運動、つまり中強度の有酸素運動は、1週間に3~5日、できれば毎日行うことが推奨されます。ただし乳酸が溜まり、体が疲労していると感じる場合は休息をとります。この意識的に休息をとることを「積極的休息」といいます。積極的休息を取り入れず体に疲労が蓄積すると「オーバートレーニング」の状態に陥り、体力や筋力の低下、食欲の減少などが起こり、充分に尿酸を代謝することができなくなってしまいます。運動は大切ですが、無理は禁物です。自分の体力や生活リズムに合わせて運動を行っていくことが重要です。

<運動の時間>

一般的に尿酸値を下げるためには20分以上の有酸素運動が必要といわれています。しかし最近では、1回に20~30分以上続けて有酸素運動を行わなければならないということはなく、1日のうち有酸素運動を数回に分けて合計30分以上とする方法でも効果があることが報告されています。尿酸値を下げるために効果的な運動の時間は、20分以上の有酸素運動を週3~5日行う、または1回10分以上の有酸素運動を数回に分けて1日の合計を30分以上にすることが推奨されます。

<運動時の注意点>

激しい運動を行った場合、骨格筋や臓器気管など体中の新陳代謝が活発になることで体内に尿酸が多く作られ、一時的に尿酸が過剰になります。さらに運動で汗を多くかいた場合は体内の水分量が少なくなり、腎臓から尿酸が排泄されにくくなってしまいます。運動時には十分な水分補給を行い、脱水状態にならないよう注意が必要です。特に普段運動習慣がない人や中高齢者では汗をかきにくい状態であることが多いため、口や喉が渇く前にこまめに水分補給をすることが大切です。運動中はもちろん、運動前、運動後にも注意深く水分をとる必要があります。その際、カフェインが入った飲料は利尿効果が高くさらに脱水状態を悪化させることがあります。運動中の水分補給ではカフェインの入っていない飲料を選ぶことがおすすめです。
普段運動習慣がない人がいきなり激しい運動を行った場合は運動によって尿酸値が高くなりやすく、尿酸値を急上昇させてしまうことがあります。短時間で多くの尿酸が体内に蓄積すると痛風を発症しやすい状態になってしまいます。急激に激しい運動を行い体に負担をかけることのないよう、5分以上のウォーミングアップから始め、運動後はゆっくりとクールダウンを行うことが大切です。クールダウンで行うストレッチは、運動で体内に溜まった疲労物質や乳酸の排出を促す効果があります。障害の予防のためにも、ウォーミングアップとクールダウン・ストレッチは必ず取り入れるようにしましょう。
運動は尿酸値を下げる効果がありますが、間違った方法で行うと逆効果になることがあります。自分に合った運動の「種類」、「強度」、「頻度」、「時間」を選び、体力に合わせて継続的に行っていくことが必要です。少なくとも週に1回以上、できれば毎日継続して運動を行い運動習慣をつくることで、尿酸値を改善させられることが期待できます。

尿酸値を下げるための睡眠

<ストレスホルモン:コルチゾール>

尿酸値の改善のためには夜更かしは禁物です。夜遅くなるとコルチゾールなどのストレスホルモンが分泌されます。コルチゾールは脂肪を合成する働きがあるため、夜遅く起きているだけで肥満しやすい状態になってしまいます。尿酸値の改善には肥満の予防改善が不可欠ですので、コルチゾールによる脂肪の蓄積を防ぐ必要があります。またコルチゾールは多く分泌されるとインスリンの働きを低下させるため、細胞への糖分の取り込みが減少します。つまり糖尿病の危険性が高くなるということです。コルチゾールの分泌が過剰になりすぎないよう、夜更かししないようにすることが大切です。

<脂肪蓄積ホルモン:B-mal1>

体内に脂肪を蓄積する働きをする「B-mal1(ビーマルワン)」というホルモンがあります。B-mal1は暗くなってくると分泌が多くなり夜22時頃に最も多く、明るくなってくると分泌が少なくなり日中15時頃に最も低くなります。つまり同じものを食べたとしても、日中に食べるのに比べてB-mal1が多い夜の時間帯では、食べたものが体脂肪として蓄積されやすく肥満しやすいということです。しかし夜遅く起きているとストレスホルモンの働きにより食欲が増進してしまいます。夜更かしをしてお腹が空き夜食を食べることについて体内のメカニズムを考えると、夜更かしをする→ストレスホルモンが分泌→食欲増進→夜食を食べる(特にストレスホルモンが出ているときは甘いものが食べたくなる)→B-mal1の分泌が多いため体脂肪として蓄積されるという肥満になる悪い流れである。尿酸値を改善するために食品に気を付け、食べる順番に気を付け、間食に気を付けたとしても夜更かしをしていることで効果が得られにくくなってしまいます。夕食を食べたあとは、夜更かしをせず22時頃には就寝するようにすると良いと考えられます。早く眠りにつくと次の日は早く起きられるので、早寝早起きの良い生活習慣の形成につながります。

尿酸値を下げる日常生活での一工夫

「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版(2012年追補ダイジェスト版)」によると、アルコールの摂取は尿酸値を上昇させるため、アルコール飲料の種類を問わず「厳に慎むべき」とされています。特にビールは他の酒類に比べて高カロリーであるため、肥満やメタボリックシンドロームの要因にもなります。ガイドラインにおいて尿酸値への影響を最低限に保つ目安として、1日に日本酒は1合、ビールは500ml、ウイスキーは60ml程度と示されています。またアルコールを体内で分解する際には多くの水を必要とするため、アルコールの摂取によって体内の水分不足や脱水状態が起こり尿酸が排泄されにくくなります。アルコール飲料を摂取するときは、飲酒量に注意すると同時に、水分も一緒に多く摂取する必要があります。

<時間栄養学を取り入れる>

近年「時間栄養学」が注目されています。これは地球の概日リズムと人間の体内リズム(いわゆる体内時計)を考慮した食事、睡眠のとり方に関係しています。概日リズムや体内リズムを考慮した規則正しい生活を送ることで自律神経リズムも整いやすくなり、尿酸値改善に向けた食事や運動の効果が得られやすくなります。尿酸値の改善には食事、運動、睡眠のすべてを整えることが大切です。健康の維持増進のために一生懸命運動を行っていても、食事習慣や睡眠習慣が不規則で自律神経リズムが乱れていると、運動の効果は得られにくくなるのです。
人間の体内リズムは約25時間で、地球の概日リズムの24時間に比べ長いといわれています。そのため人間は、時計のない環境で生活すると徐々に夜型化しやすくなります。しかし朝日を浴びることで体内リズムがリセットされるので、人間は朝日を浴びることで日々体内リズムを地球の概日リズムに合わせています。朝は朝日が昇る時間に目覚め、朝日を浴びることが大切です。そして起床後1時間以内に朝食をとります。起床後時間をあけすぎずに朝食をしっかりとることで胃腸のスイッチをONにします。このとき尿酸値の改善のため、汁物、野菜から食べ、1日のエネルギー源として主食をとります。昼食も同様に食べる食品の種類、食べる順番に考慮するようにします。間食は甘い洋菓子や塩分の多いスナック菓子は控え、ヨーグルトなどの乳製品またはおつまみこんぶやわかめなど尿酸値を改善する働きのあるものを選びます。そして夕食は起床してから13時間以内に食べるようにします。最後の食事を終えてから2時間あけてから就寝することで、食べたものを体脂肪として蓄積することを抑えます。

尿酸値と病気の関係 尿酸が原因の病気

<痛風>

高尿酸血症が改善されることなく長期化するとさまざまな合併症を引き起こします。血液中の尿酸の正常値を超えた状態を高尿酸血症といい、血中尿酸濃度が7mg/dl以上のときに高尿酸血症であると定義されます。高尿酸血症の合併症の一つが痛風です。高尿酸血症が続くと血液中に尿酸が溶けきれなくなり、溶けきれなくなった尿酸が結晶化(尿酸塩結晶)し、各関節に溜まり始めます。関節に溜まった結晶により激しい痛みを伴います。痛風は40~50代の男性に多い傾向があり、女性でも女性ホルモンが減少する更年期以降に発症頻度が高くなります。痛風は痛みが強く日常生活がままならなくなるので、痛風を発症してしまう前に高尿酸血症を改善させることが重要です。

<腎障害>

血中に溶けきれなかった結晶(尿酸塩結晶)が関節の次に溜まりやすいのが腎臓です。腎臓に尿酸塩結晶が溜まることで腎臓の働きを低下させ、結果的に腎障害を引き起こします。また尿酸塩結晶が尿管や膀胱、尿道に溜り結石ができると「尿路結石」となります。尿路結石ができた場合はとにかく水分をとり尿と一緒に排泄させますが、非常に激しい痛みを伴います。腎障害は長期化すると最終的に「腎不全」に至る恐れがあるので、早期予防、早期治療がなによりも必要となります。

<生活習慣病>

高尿酸血症は生活習慣病の一つといわれています。さらに高尿酸血症が長期化することで高血圧、糖尿病、脂質異常症、メタボリックシンドロームなど他の生活習慣病を合併して発症することがあります。痛風財団の調査では、高尿酸血症により痛風を発症した場合にみられる合併症として、高血圧が49.2%、肥満が42.0%、脂質異常症の中でも高中性脂肪が42.8%、高コレステロール結晶が37.6%と、約2人に1人が何らかの生活習慣病を合併して発症しています。高尿酸血症は遺伝的要因もありますが、日々の生活習慣による環境要因の方が多くみられます。尿酸値が高め、あるいは高尿酸血症を発症した場合は生活習慣を見直し改善することが必要です。生活習慣を改善することで、他の生活習慣病を予防、改善することができるので、適切な食事、運動、睡眠を心がけることが健康にとって一番の治療法となります。

<病気にならないために>

高尿酸血症には、「尿酸排泄低下型」、「尿酸産生過剰型」、「混合型」の3タイプに分けられます。「尿酸排泄低下型」は、体内で産生される尿酸の量は正常ですが腎臓の機能低下により排泄量が低下する状態で、高尿酸血症患者全体の約6割を占めます。「尿酸産生過剰型」は尿酸が体内で過剰に産生される状態で、高尿酸血症患者全体の約1割を占めます。「混合型」はこれら両方がみられ、体内で尿酸が過剰に生産され、かつ尿酸の排泄が低下している状態をいいます。高尿酸血症患者全体の約3割を占めます。これらのタイプによって治療方法は異なります。検査で尿酸値が高いことがわかったらそのまま放置せず、すぐに医療機関で自分がどのタイプであるのか診察を受ける事が治療への近道です。自分のタイプに合った薬を服用しながら、生活の中で尿酸値が高くなってしまった原因を究明します。ただしいずれのタイプも食事、運動、睡眠の生活習慣の見直しによる改善は大いに期待できますので、タイプにかかわらずできることから生活習慣を改善することが大切です。生活習慣は自分一人では改善することが難しい場合がありますので、家族や職場の協力を得て、一人だけでではなく周りのサポートを受けながら改善させるのが効果的です。いきなり生活習慣のすべてを変えることは難しいので、できることから一つずつ取り組んでみて、自分に合った改善策を見つけるのが治療への近道です。食事、運動、睡眠の生活習慣のうち一つでも改善することができれば、数ヶ月で体に良い変化が訪れます。早期発見、早期治療を目指し、ぜひ生活習慣を見直してみてください。

痛風薬効果と副作用ー市販薬、ジェネリック

痛風は尿酸が体内で過剰に分泌し排泄が滞り、それが結晶になって激しい痛みの関節炎に成る病気です。

放置すると関節の激痛を繰り返し、関節などに結節が出来たりする危険な病気で、痛風発作が起きる前には、高尿酸血症と言われる尿酸値の高い状態が長く続きます。

何より痛風は完治しない事が常識ですが、近年は効果の良好な薬も開発されていて、正しく治療を受けることによって、今までどおりの社会生活が送れます。

痛風は30歳から50歳代の男性が多く、それは働き盛りの生活で過度なアルコール摂取とか生活習慣に起因すると言われています。

痛風薬効果と副作用

発作が起きて激痛を感じるときは、すぐさま病院へ行かなければなりません。

病院では血液検査、尿検査が行われ、痛み止めの薬を処方してくれます。

病院によって処方する薬は、非ステロイド系消炎鎮痛剤を処方しますが、時によって症状次第で、ステロイド系の薬を処方することも有るようです。

 

非ステロイド系消炎鎮痛剤は数多くあり、中でもジクロフェナクナトリウム、ロキソプロフェンナトリウムなどが使われます。

共に炎症を抑え、腫れや痛み、熱を下げる効果が有る薬です。

 

ジクロフェナクナトリウムの副作用の多くは胃腸障害で、人によっては発疹、腎臓や肝臓の働きが低下する事も有りますが、重症化することは無いとされています。

ロキソプロフェンナトリウムの副作用は胃腸障害です。

重症化すること無く、人によっては肝臓の働きが低下する可能性が有ると考えられています。

 

ステロイド系の、ベタメタゾンも使われることも有ります。

これも炎症を抑え、腫れや痛み、熱を下げる効果が有ります。

ステロイド系の副作用は、量が多めの場合、副作用が出やすくなると言われていて、不眠、消化不良、下痢、吐き気などが現れます。

長期に服用する場合は、肝臓、腎臓の値を定期的に計らねばなりません。

 

それらは緊急的な痛み止めで、痛風を改善する薬では有りません。

一時、痛みが止まっても、痛風の原因である高尿酸血症の治療をしなければなりません。

 

市販薬

動けないほどの激痛で、病院に行けない場合は市販薬に頼らければなりません。

市販されている痛み止めには、バファリンなどが代表的なアスピリン系を主成分としているものが多くあります。

アスピリン系は、痛み止めとして使用すると、尿酸値を下げる作用がありますが、発作中に急激に尿酸値が下げると発作が長引き、悪化する可能性があります。 それは、急激に尿酸値を下げるため、結晶を促進させてしまうからです。

安易に市販のアスピリン系の痛み止めの使用は禁物です。

 

市販の痛み止めを選ぶときは、イブプロフェン系をお勧めします。

尿酸値への影響はほとんど無く、発作を悪化させることも無いとされています。

痛みが引いて動けるようになっても、痛風が治ったわけではありません。

必ず病院を受診しなければなりません。

 

通院とジェネリック医薬品と副作用

痛みが治まり、通院が始まります。

痛風の原因である、高尿酸血症の治療です。

 

多くの薬は、尿酸の量の低下、排泄の促進、酸性になった尿の改善などが目的とされます。

ジェネリック医薬品はナーカリシン、サロベール、トノローム、ウタゲンなどが有りますが、

多種で色々な薬が有り、病院によって使うものが違います。

 

最近はどの病院でも、安価なジェネリック医薬品が多く使われています。

 

副作用も有ってナーカリシンは胃腸障害、下痢、黄疸、胸やけなどが有ります。

サロベールは発疹、貧血、関節痛、等が報告されています。

トノロームは下痢、吐き気などが報告されています。

ウタゲンは胃不快感、吐き気、下痢などが有ります。

 

いずれにしても副作用が感じられたときは、服用を止め、病院で相談しなければなりません。

副作用はあくまで症状で、腎臓や肝臓の機能低下などが起きることも有り、汎血球減少や血小板減少などの重篤な病変へ移る事も有るかもしれません。

 

痛風の治療は、長きにわたり行われます。

完治は無く、尿酸値の異常などを、一般的な普通に戻す事が目的の治療ですから、痛風にならないため、過度なアルコール摂取や、肥満などの生活習慣を改めなければなりません。

 

食生活の改善、適度な運動などで、痛風にならない身体つくりを心がけなければならないのです。

 

 

プリン体ゼロのビール-アルコールで痛風は治るのか?サッポロ極ゼロは?

プリン体ゼロのビール

カロリーや尿酸値など生活習慣病が気になる中年男性を中心に、ビール類の機能系商品プリン体0ビールが人気を呼んでいます。

プリン体や糖質をカットした商品で、大手ビール会社4社の商品が出そろいました。

サッポロ極ZEROが先駆者となって人気を博し、のこり3社もプリン体0を掲げ販売しています。

昨今、肥満や糖尿病などの生活習慣病や、痛風が気になるという人達は増えていて、ビールに限らず他の食品にも波及しています。

 

特にビールは、痛風の原因とされるプリン体が多く含まれていると言われるアルコール類の、代表のような商品ですから、それを気にしながら飲んでいる人も多い中で、これらの商品は味わいよりも機能重視を目的としており、身体に負担をかけないアルコール類の楽しみ方を追求しているように感じます。

 

アルコールで痛風は治るのか?

プリン体は、プリン骨格という構造を持つ物質で、あらゆる生物の細胞内に存在し、新陳代謝などにより分解されて、尿酸として体外へ排出する仕組みとなっています。

尿酸が過剰になる状態を高尿酸血症と言い、痛風の原因とされていて、過度のアルコール摂取や生活習慣が原因とされる恐ろしい病気です。

更に、痛風は一度、発症すると薬を飲み続けなければならない重篤な病気です。

 

毎日、アルコールを摂取する人の痛風発症率は高く、尿酸値を上げるプリン体が悪者にされているようです。

ただプリン体は、体内で構成される物が多く80%が体内で作られ、食品摂取によるプリン体は20%位と言われています。

それと、実はプリン体は、痛風の原因でもありますが、アミノ酸、脂肪と並ぶ三大うま味成分の一つでもあります。

 

すべての食品に含まれていて、プリン体0の食品や飲料を摂取しても、他の肉や魚や野菜などの食品に含まれていることを考えれば、尿酸値を下げる効果にはおそらく影響は無いと考えられます。

ビールで尿酸値は下がるのか

ビールに含まれるプリン体は、1缶当たり12mgから25mgが含まれています、主食である、米には100g当たり25.9mg、野菜類も平均して100g当たり20mgから60mg位が含まれています。

肉のレバーには多く含まれ、100g当たり300mg位のプリン体が含まれます。

 

確かにプリン体0のビールを飲み続け、他のアルコール摂取を行わない場合は、多少、尿酸値が下がるかもしれません、ただレバーの焼き鳥などと一緒に摂取すれば、プリン体は確実に上がる事になります。

 

ちなみに焼酎は0,03mgでウイスキーは0,12mgですから、アルコール飲料の中ではビールが多く含まれていることは事実ですが、プリン体0の精神的な安心感とかは有るかもしれません。

 

「痛風はビールを飲みながらでも治る!」と言う大学病院の先生が書いた本が売り出されています。

アルコールをこよなく愛し、痛風を経験した人なら夢のような話です。

筆者の先生も痛風の経験者で、読みごたえも有り、同調も出来るのですが、結論はアルコール摂取は一定量までなら大丈夫と言うことで、やはり飲みすぎはいけないようです。

 

 

サッポロ極ZERO

サッポロビールが、2013年6月に売り出した極ZEROは、発売2カ月で5000万本を売り上げたそうです。

国民の健康志向のたまものだと思われる売上です。

 

当初は第3のビールとして売り出しましたが、発泡酒として再スタートとなりました。

原料は麦芽、ホップの他に、香料、甘味料となっていて、旨み成分プリン体と糖質をゼロした事で相当苦労したようです。

味わいは、個人差はある物の、ビールが薄まったような感じがしないでもありません。

ビールの苦みは確保しており、サッポロビールに慣れてる人は違和感は無いと思います。

尿酸値が下がるかどうかは、副菜との組み合わせも有り、プリン体0の摂取の精神的ストレスは無くなるはずです。

痛風は過度なアルコールの摂取、激しい運動、ストレス、肥満などの生活習慣で発症すると言われています。

適度な水分補強や生活習慣の改善が痛風の予防には必要です。

プリン体0のビールは、アルコールを我慢するストレスの解消などの効果は有ると考えられます。

 

 

 

プリン体の多い、少ない食品一覧

プリン体とは、体の細胞の核を構成する遺伝子の成分で、プリン骨格と呼ばれる構造を持つ物質の総称です。

プリン体はあらゆる生物の細胞内に存在し、新陳代謝などにより分解されて、尿酸として体外へ排出する仕組みとなっています。

 

血液中の尿酸の濃度のことを尿酸値と言い、尿酸が多くなりすぎると尿酸値が高くなり高尿酸血症を起こし、汗や尿などの排泄を妨げることに成ります。

高尿酸血症の状態が続くと、尿酸の排泄が滞り、やがて結晶化した物が関節に溜まり、関節炎を起こし、これが痛風と呼ばれる物です。

 

痛風を発症すると、以前は、プリン体を多く含む食品は制限されていましたが、食品に含まれているプリン体のほとんどは、腸内で分解されることが解ってきました。

実際には食事や食品から摂るプリン体より、体内で合成されるプリン体のほうが多く、食品からのプリン体摂取を制限しても血中の尿酸値はあまり変わらない事も明らかになっています。

 

とは言っても、プリン体の過剰な摂取はよくありません。

1日に100g当たり、プリン体200mg以上含む食品は注意した方が良いようです。

 

プリン体100g当たりの含有率
鶏レバー 312mg 牛乳 0mg
ササミ 154mg 焼酎 0,03mg
豚レバー 285mg ウイスキー 0,12mg
牛レバー 212mg 23mg
煮干し 746mg 玄米 37mg
カツオ節 493mg もやし 45mg
イワシ干物 306mg ほうれん草 51mg
アンコウ肝 400mg オクラ 39mg
エビ類 270mg なめこ 28mg
明太子 160mg イカ 189mg
干し椎茸 380mg かつお 211mg
ビール 6,9mg マグロ 158mg

ごく一部の表ですが、プリン体は食品のすべてに多かれ少なかれ含まれています。

魚などの干し物にプリン体が多いのは、細胞を余さず干すことによって包み込む事が原因で、多くの干し物にプリン体は多いとされています。

 

肉類もレバー以外のロースやフィレ等は、プリン体はそれ程多くなく安心です。

野菜類は総じて干した物を除くと数値は低いため、痛風予防には野菜中心の食生活をすると安心と思われます。

 

世間一般にビールはプリン体が多いと言われています。

ビールその物は少ないのですが、ビール酵母となると約3000mgも有り、焼酎やウイスキーなどの方が良いかもしれませんが、痛風の原因として、過度なアルコール摂取があげられるのは、アルコールは尿酸値を上げる働きと、排泄を妨げる働きが有る事から注意が必要となります。

 

ラーメンなどもプリン体は多そうな感じもしますが、豚骨ラーメンに限れば麺もスープも極めて少なく、安心な食べ物です。

 

魚のかまぼこ、ちくわ、数の子、ソーセイジなどの加工品はプリン体が少ないのですが、塩分が多いのが困りものです。

カツオやマグロなど回遊魚と呼ばれる魚は、全般的にプリン体を多く含みます。

 

いずれにしても、プリン体の多い少ないを過剰に反応していては、ストレスが溜まってきます。

ストレスもプリン体を増やす事に繋がりやがて尿酸も増えることに成ってしまいます。

プリン体は旨み成分でもあるため、余り神経質にならず、食事は美味しいのが一番ですから、ある程度の知識を持って食生活を送るのが効果的と考えます。

痛風の症状と写真 症状、写真、足、かかと

痛風は、プリン体によって尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激痛を伴う
関節炎になる病気です。

痛風症状写真

この激痛は、人によっては1週間から2週間にわたって痛みを繰り返しながら、2週間ほどで何事も無かったように痛みも自然に消えてしまいます。

強く打ったり、ぶつけたりとかの、思い当たる事が無く、突然に痛みは起こります。

多くの発作は、夜中や明け方に起こりやすいと言われています。

就寝中は血圧が下がり、寝汗などの排泄で血液の濃度が上がり、結晶が出来やすくなるのが理由と考えられています。

 痛風の症状がでやすい場所

最初の痛風発作は、足の親指の付け根の関節に起きるのが多いとされています。

次に起きやすい場所としては、足のかかとや、くるぶし、膝の関節などで起こり
アキレス腱の周りや、まれに手の関節や指の関節に起こることもある様です。

 

痛風は、尿酸値が高い状態が長く続くことによって起こる病気です。

痛みが治まってしばらくすると、その痛みを忘れて、放っておく人が
多いのですが、痛風は高尿酸血症と言って、放置することによって起きる
恐ろしい病気です。

関節のジワジワ感などが感じられたら、病院へ行かなくてはなりません。

痛風の症状

親指の付け根

痛風写真親指

痛風発作は、リウマチなどと違い1ヶ所だけが痛むという特徴があります。

足の親指の付け根と、膝とかが同時に痛むことは余り有りません。

 痛風は女性でもなるの?

日本では、これまで患者の約9割を男性が占めていました。

特に働き盛りの30代から50代が多くを占め、過度なアルコール摂取や激しい運動、生活習慣の乱れなどが理由とされていましたが、最近は女性の社会への進出が進み、男性と同じく過度なアルコールの摂取などの機会が増えたりして、女性の痛風患者が徐々に増えてきているようです。

 

特に女性が管理職などの責任を負う様になって、ストレスを抱えホルモン分泌の乱れなどによって、閉経後の女性と同じ様に尿酸の排泄が滞り、高尿酸血症になり痛風に及ぶことも増加している原因のようです。

 

かかと

痛風かかと写真

 

近年は、良い痛み止めなどの薬も開発されていて、正しい治療を受けることにより、社会生活に問題は無くなってきています。

ただ、放置すると痛みを繰り返したり、結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気でもあります

多くの場合1年以内にまた同じような発作がおこり、繰り返しているうちに、足首や膝の関節とかが腫れてきて結節が出来たりします。

結節
kessei

痛風に完治は無いとされています。

痛風の原因は、過度なアルコール摂取や運動不足などの生活習慣が大きく関わり、重症の慢性痛風になる可能性も有り放置するのは危険です。

食生活も、プリン体を多く含む食品は極力少なめにし、尿酸値の管理をすることが求められます。

痛風の症状が出たら病院の何科に診察に行けばよいのか?

痛風になるかも、又は実際になって痛みが激しく辛いとき、
病院のどこの診察を受ければ良いのでしょうか?

その前に、余りの痛さに歩行ができずに救急車を呼ぶか悩む
人がいます。
賛否ありますが、痛風で救急車を呼ぶのは適切ではありません。

少し痛みが治まってから病院に行くか、少しでも早く診察を
受けたいなら、タクシーを利用しましょう。

病院の診察は基本、内科で診察するのが一般的です。
整形外科でも殆ど対応しています。

近くに行きつけの病院(内科、診療所)があれば、そちらで
診察してもらいましょう

 

痛風は病院の何科で診療するの?病院、何科

痛風発作の痛みは、経験した人にしかわからないとたとえられるほど強烈な
痛みです。

経験したことの無い痛みを、下半身の関節に起こります。

動くことの出来ないほどの痛みで、多くは救急車のお世話にならなければなりま
せん。

多くは救急内科に運ばれます。

 

大きな病院では、痛風科やリウマチ科などの専門内科が有りますが、通常は内科で診察を受けることに成ります。

 

痛風は一度の治療では治らない事から、将来的には泌尿器科で尿酸の排泄などの治療や、関節が変形するなどの症状などは整形外科の治療も必要になるかもしれません。

 

内科検診

多くの初診は、内科の検査から始まります。

血液検査を行い尿酸の濃度を測定します、尿酸値は7.0mg/dl以上が痛風の値です。

次に尿検査を行います、尿検査では大きく酸性尿、アルカリ尿に分けられます。

Ph7値以下なら酸性尿、以上ならアルカリ尿とされています。

酸性の尿は、尿酸が溶けにくく排泄を阻害する事が多く、尿は弱酸性かアルカリ性が望ましいとされます。

 

その後、痛風と診断されて、治療は急性発作の治療と高尿酸血症の治療に分類されます。

過剰な、アルコール摂取の人の尿は酸性化するようです。

 

発作の治療 まずは、激痛を抑える治療をしなくてはなりません。

痛風の激痛を抑えるには、効果がすぐに現れないことがあり、非ステロイド系の消炎鎮痛剤を通常以上の高濃度で処方し痛みを取り除きます。

時として、非ステロイド剤に効き目が無い時はステロイド剤を用いることも有るようです。

即効性が必要な場合は、内服薬ではなく、坐薬を用いることもあります、坐薬は胃にも優しく副作用はないとされています。

ただ、この治療はあくまでも痛風発作に対する救急対処療法です。

 

発作の痛みがなくなったとしても、病気そのものが治ったことにはなりません。

残念ながら痛風には完治は有りません、それは尿酸値が高いという事だけの症状で身体の異常ではないからです。

ステロイドは生物内で合成される中性脂肪やタンパク質、糖類などの細胞膜の構成成分で、整体に必要なホルモン類で、副腎皮質ホルモン剤の事ですが、非ステロイドはステロイドでは無い、抗炎症薬で発熱や炎症の治療に用いられる物です。

痛風関節炎治療の薬剤で、炎症の短期間だけに大量に投与することが原則になっています。

 

治療

次に通院か入院かはともかく、尿酸値を正常に戻す治療をしなければなりません。

それは高尿酸血症の治療になります。

痛風は尿酸値を正しくコントロールすることによって治まる病気です。

 

治療は主に尿酸降下薬を使い尿酸値を平常にすることが治療になり、これには数ケ月かかることに成ります。

同時に食事療法、生活習慣の改善などが行われます。

 

尿酸値に改善がみられると、合併症や次の発作の予防のための治療が行われ、尿酸値を上げないために、薬物の摂取、食事療法、生活習慣の改善などを管理します。

痛風を再び起こさないために

発作を経験した人は、次に発作が起こりそうなときには前兆を感じるといいます、そこで、発作の前兆を感じたらコルヒチンという薬が使用されます、コルヒチンは痛み止めの薬ではなく、尿酸結晶を抑制する薬です。

痛みが生じてから飲んでも効果は十分ではありません。 発作の前兆である、足の親指のピリピリ感や、憂鬱な感じなどがあれば、 その直後に1錠だけ服用することで、発作を防ぐことができます。

痛風の治療の目的は、健康な生活を長く維持していくことで、根気よく治療を続ければ、合併症も抑えることができ、その結果もう二度と痛風の痛さに苦しむこともないということに成っていきます。

近年、高尿酸血症は正しい治療を続けることにより、二度と痛風発作に襲われることもなくなり社会生活を送ることができるようになりました。

そのためには過度なアルコール摂取や食生活の工夫、生活習慣の改善が必要と考えられます。
 

痛風の症状チエック方法(前触れ、前兆)

痛風は、経験したことの無い痛みが、突然起きる病気です。

原因は、過剰なアルコール摂取、激しい運動、ストレス等と考えられ、いずれもプリン体を増やし、尿酸値が上がり、尿酸の排泄が困難になり高尿酸血症になって起きる病気です。

 

ただし、高尿酸血症になったからと言って、痛風になるわけでは有りません。

高尿酸血症になった人の、約20%の人が痛風を発症します。

逆に、痛風を発症した人の99%の人が高尿酸血症にかかっています。

 

プロスポーツ選手には痛風に苦しむ人が多いとされています。

激しい運動は尿酸値を上昇させるからで、体力の消耗で尿酸が増え、排泄量も低下するからだと考えられています。

こまめな水分補給が尿酸値の上昇を抑制し、排泄も促すことに成ることに成ります。

痛風は圧倒的に男性に多い病気です、それも30代から50代の働き盛りに多く、生活習慣の乱れなどが関係しているようです。

中でも、責任感が強く、真面目に働くタイプが痛風になりやすいとされています。

高尿酸血症には自覚症状はありません。しかし、この状態を数年から10年以上放置しておくと、ある日突然、痛風の発作に見舞われることに成るのです。

 

痛風の前触れ、前兆

膝や、足の指の痛みや、熱を感じることが有ったり、なんとなく関節が痛い、起き上がるときや立ち上がるとき、足や膝に痛みとか違和感を覚えるなどが有った時は、痛風の前兆かもしれません。

他に、つま先のピリピリ感、足裏のしびれ、足指の痛みや違和感などや、特に足の親指の痛みや腫れ等も有るようです。

痛風発生者の、約7割の人達が、足の親指の付け根に痛みや腫れや違和感を覚えるようです。

足の親指が、ある程度我慢できる痛みが数日間続き、ピタっと治まる事も有るようです。

これらの症状が、初期段階で確認できる症状で、夜中や、日が明けるころに現れることも少なからずあるようです。

就寝中は昼間と違い、身体の動きがおとなしくなり、血液の循環が悪くなって血圧が下がります。

その様な事から、結晶が出来やすいと考えられています。

足の親指の付け根に違和感があり、ジンジンしたり、ピリピリしたりしたら注意が必要です。

 

痛風の初期症状

痛風は、初期症状を検知できるかどうかで、その後の対処が大きく違ってきます。

足の違和感、足の親指の痛み、腫れなどが現れます。

足を動かしたり、ちょっとしたことで痛みを感じます。

痛風の最初は、主に膝から下に現れ、特に足の親指の付け根に痛みや違和感を覚えます。

それらは数日間で治まり、放置するか、病院に行くかによって、やがて襲ってくる痛風発作に対応が分かれます。

何かに足が当たり、痛みや激痛が起きるとほぼ痛風と考えて良さそうです。

ですから、前兆や前触れと共に、初期症状の対処が重要になってきます。

 

痛風の症状

痛風は風が吹いても痛いと感じるほど非常に強い痛みが伴います。

経験のない痛みで、脂汗が出て、のたうち回るくらいの痛さです。

予測不能なうえに、突然発作が起きるのが特徴で、患部が徐々に熱を帯び赤くテラテラとなってくるような感じになります。

痛みが激しく、病院へも行けないほどの痛みを感じます。

安静が必要で、痛みの患部を冷やすことも多少の痛みは緩和されますが、冷やすタオルが触っても痛みを感じます。

やがて腫れは赤黒くなってきます。

動くことで痛みは増しますが、1週間から10日で痛みは、うそのように治まりますが、足の特に親指のあたりは紫色に帯びてきます。

 

閉経後の女性にも痛風は起きることが解っています。

それは女性ホルモンの分泌が止まり、女性ホルモンによって尿酸をコントロールし排泄を促すことが出来なくなって起きるのです。

女性の痛風は、更年期障害の一つに数えられるくらいです。

 

終わりに

下半身、特に足などに痛風の障害は多く起きるのは、人間の二本足歩行が関係しているようです。

重力の関係とも言われていますから、肥満は大敵とされます。

疲れた時に乳酸が足に溜まるのと、一緒の原理かもしれません。

生活習慣の改善によって、痛風は避けられる病気かもしれません。

痛風

痛風を治す予防する食事(治す、予防、食事、食品、プリン体)

痛風とは、汗や尿として排泄されるはずの、尿酸と呼ばれるプリン体の老廃物が、
体内で過剰状態になり、更に結晶化し関節などに溜まる事で痛みと炎症を起こす病気です。

 

プリン体

プリン体は、知らず知らず摂取する、旨み成分細胞核の材料で核酸の大部分を占める塩其の事です。

人間を含め、どのような生き物にも含まれ細胞内に存在する物質です。

基本的にはすべての食べ物にも存在し、食物を摂取するとプリン体も必ず摂取することに成り、特に細胞数の多い食材ほどプリン体は多く含まれます。

 

プリン体は美味しいと言われる物に多く含まれ、過剰摂取の基に成ってしまいます。

プリン体は人間の生命活動に必要な物ですが、過食などの過剰な摂取はプリン体を過剰に取り入れ痛風の原因になっていきますが、逆に少なすぎても栄養失調症などの原因にもなり、適度でバランスの取れた摂取を心がけなければいけません。

 

アルコールのプリン体含有量はお酒の種類によっていくらか違いがあります、主に醸造酒に多く含まれ、蒸留酒には少ないとされています。

ウイスキー、ブランデー、焼酎などの蒸留酒はプリン体は少ないとされています。

昨今、プリン体0ビールなどが販売されていますが、普通のビールはプリン体が多いばかりではなく、エネルギーも多く痛風に良くない肥満になる等が有り、敬遠したいアルコールかもしれません。

 

痛風を治す、予防する食事

痛風を治したり、予防するには主菜の考察と水分補給、プリン体の過剰な摂取の抑制です。

多くの健康な人の尿は弱酸性と言われていますが、痛風の原因である高尿酸血症の人の尿は酸性と言われています。

酸性の尿は、尿酸が溶けにくくなる事から、痛風を治すためには主菜の研究などと共に、尿をアルカリ性に近づけ弱酸性にしなければなりません。

主菜には、動物性タンパク質や脂質を含む肉や魚、植物性タンパク質を含む豆腐などの食品がプリン体も少なく適しています。

更に、たまごなども加えれば、食品の中に含む脂肪類やアミノ酸の種類もいろいろ摂取でき、バランスが良くなるはずです。

 

痛風の人は野菜、海藻、牛乳などのアルカリ性食品を、積極的に取り入れることを薦めます。ただし、イワシ、イカ、エビ、牡蠣、特に魚の干物類などはプリン体を多く含み、過剰摂取は禁物です。

他に、プリン体を多く含む食品は、牛、豚、鶏の内臓類やウニなどが有ります。

水分補給も大切になります。

朝食、昼食、夕食は、水分の補給を考えて汁物を一品添える事が望まれます。

味噌汁、すまし汁、野菜スープなど野菜類を使うと、野菜はアルカリ食材なため尿酸排泄効果が上がります。

 

痛風を予防する食品

痛風を予防するためにはプリン体の摂取を少なくしなければなりません。

プリン体が少なく、特に効果的なものとして、豆腐やひじき、ワカメ、昆布などの海藻類や、ごぼうや人参などの根菜類が有ります。

果物ではバナナ、カリウムや水分の多いスイカや梨などがあります。

それらを積極的に取り入れることで、尿酸を排泄しなければなりません。

その他、水分も取らなくてはなりません。

汗をかいた後に水分が少ないと、血中の尿酸値が高くなり痛風が起きやすくなります。

睡眠中も発汗作用が有るため、寝る前などに水を軽く取る事は効果的です。

水分補給はビールなどのアルコールは好ましくありません。

痛風に効く飲み物として、ドクダミ茶が良く知られています

抗酸化物質のアントシアニンの摂取が、尿酸を分解することが知られています。

ブルベリー、黒ゴマなどに多く含まれる事から、効果的と思われます。

 

まとめ

痛風を治したり、予防することに重要なのは、摂取するプリン体の大小では無く、プリン体が作られにくい身体作りをすることです。

プリン体も身体には必要な成分で、プリン体を減らすリスクも有るのです。 それには、常日頃の生活習慣が大切で、カロリーの過剰な摂取や、過剰なアルコール摂取、肥満をなくす適度な運動、多量に汗をかく過激な運動の抑制、こまめな水分補給などを行うことなどと共に、なるべく尿を酸性化からアルカリ性にする意識を持つことなどが必要と考えられます。

 

痛風の原因と前兆(原因、前兆、前触れ)

痛風は尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって足や手の関節に溜まり関節炎を起こす病気です。

放置すると、激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気です。

 

痛風の原因である尿酸とプリン体

尿酸は、私たちの体の中に存在しており、作られる量と排泄される量のバランスにより一定量に保たれています。 尿酸の基となるのがプリン体と呼ばれる物質で、尿酸はプリン体を代謝した結果生じる老廃物です。

尿酸というと、食べ物のプリン体を思う人が多いと思いますが、人体では常に新しい細胞が生まれ、古い細胞が死んでいく新陳代謝が行われていて、古い細胞が死んでいくときに遺伝子を構成していたプリン体が出来て、分解され尿酸がつくられます。

食べ物から摂取されるプリン体は全体の20%ほどに過ぎず、残りの80%は体内で作られています。

プリン体は人体のエネルギー源でもあり、社会生活を送る上で欠かせない成分です。

食物摂取によるプリン体は、レバーや魚卵など細胞数が多い食材、乾燥により細胞が凝縮されている魚の干物などに多く含まれています。

激しい運動や過剰なアルコール摂取などで、プリン体が多量に使われ分解が進み、尿酸が多量に生成され高尿酸血症に成っていきます。

元々尿酸値が高くなりやすい人は肝臓や腎臓の働きが弱い人が多いとされ、心血管障害などの可能性が高いことが解っています。

 

痛風の初期の前兆と前触れ

膝や足の指の痛みや熱を感じることが有ったり、なんとなく関節が痛い、起き上がるときや立ち上がるとき足や膝に痛みとか違和感を覚えるなどが有った時は痛風の前兆かもしれません。

他にもつま先のピリピリ感、足裏のしびれ、足指の痛みや違和感などや、足の親指の痛みや腫れ等も有るようです。

痛風発生者の、約7割の人達が、足の親指の痛みや腫れや違和感を覚えるようです。

足の親指が、ある程度我慢できる痛みが長時間続き、ピタっと治まる事も有るようです。

これらの症状が痛風の初期段階で確認できる症状で、ただちに病院の血液検査をしなくてはなりません。

 

痛風の原因

痛風は30歳代から50歳代の働き盛りの人生の一番活動的な時期の男性に多く発症する病気です。

女性では女性ホルモンの分泌が止まる閉経後に多く見られます。

生活習慣に大きく関係し、今や高尿酸血症は生活習慣病と言っても過言ではありません。

一つには食物の過剰摂取があげられます。

過剰な摂取は肥満を助長し、尿酸の摂取につながります。

肥満によって内臓脂肪が蓄積され、尿酸生成の促進が図られ、皮下脂肪の蓄積は尿酸排泄の妨げになっていきます。

更にアルコールの過剰な摂取も尿酸の生成を促進し、排泄の妨げにつながります。

ストレスも関係が有るとされています。

ストレスを抱えることによって、ストレスホルモンが分泌され尿酸排泄が妨げられる様です。

遺伝的な要因も有るとされていますが、正確に解明されている物では無いようです。

痛風の原因である、高尿酸血症という病気は、尿酸の作りすぎ、尿酸の尿や汗による排泄の減少などで起こる恐ろしい病気です。

 

発作

痛風発作は、経験のないような激しい関節の痛みで、発熱を伴うことも有り、耐えられない痛みに苦しみます。

安静にして関節を冷やすことによって、耐えられないほどの痛みから、我慢できるくらいの痛みに成っていきますが、関節炎のため、炎症を抑える薬に効果が有り、薬剤投与で3日から4日位で痛みは治まります。

放置すると、耐えられない痛みは1週間から10日ほど続き、多くはピタっと痛みはなくなることが有り、その時に適切な治療をしなければ1年以内位で再発し、さらに発作の間隔は短くなり、それを繰り返すことにより関節の腫れや、関節や皮下などに痛風結節と言う尿酸血症の固まりが出来ることも有るようです。

最初の発作が起こってから適切に処理しても完治までには、十年以上位かかると言われています。

いずれにしても痛風は生活習慣に関係が有り、過食による肥満や、過剰なアルコール摂取、過激な運動などによって起こります。

生活習慣を改善し、適度な運動やプリン体の摂取の抑制などによって防げる病気と思われます。

 

 

 

痛風の症状ー初期症状や痛みの期間

痛風は主に30歳代から40歳代、50歳代の男性に多くみられる痛みや発熱も伴う関節の病気です。

尿酸濃度値が高く、蓄積することによって結晶化し関節などに溜まり炎症を起こし痛みを起こします。

尿酸は、血液に溶けにくい性質でプリン体から作られています。

プリン体は、人体の細胞の代謝などの過程で作られる物で、バランスが崩れ尿酸が増加した時に起こるのが痛風です。

痛風が起きる前に血液の尿酸値が高い状態が長く続き、これを高尿酸血症と言います。

痛風が発症すると、手、足、膝、腰、肩や胸骨など全身の関節に痛みを伴いながら移動し、一度かかると完治しにくく生活習慣とも深く関係が有る病気です。

慢性化すると、激しい痛みもさることながら血液にかかわる重篤な病気の原因になっていきます。

 

痛風の症状、初期症状と期間

痛風は激痛を伴って突然襲ってくる関節炎の病気です。

経験のないような激しい関節の痛みで、耐えられないほどに苦しみます。

発熱を伴うことも有り、安静にして関節を冷やすことによって、耐えられないほどの痛みから、我慢できるくらいの痛みに成っていきます。

 

痛みは1週間から10日ほど続き、徐々に治まっていき、暫くするとまったく症状は無くなります。

関節炎のため、炎症を抑える薬に効果が有り、薬剤投与で3日から4日位で痛みは治まりますが、適切な治療をしなければ、多くは1年以内くらいで再発し、発作の間隔は短くなり、それを繰り返すことにより関節の腫れや、関節や皮下などに痛風結節と言う尿酸血症の固まりが出来ることも有ります。

 

こうなるまでには、最初の発作が起こってから十数年位かかると言われていますが、若くして発症する人は遺伝によるものとの考え方も有るようです。

合併症

痛風は腎臓とも関係し、放置すると慢性腎障害になる可能性も有り危険な状態になっていきます。

尿酸値の高い人は血管障害の可能性が他の人より高い事がわかっています。更に尿酸値が上がると、メタボになる確率が高く、生活習慣病である肥満、高脂血症、糖尿病、高血圧などの疾病を起こすことが有り、注意が必要です。

痛風発作が起こった場合は一般的に、10年位前から、すでに高尿酸血症はあっ

たと思われます。

 

ただ、放置する事によって激しい痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓や血圧が悪くなったりする重大な病気でもあります。

痛風発作は血清尿酸値が7.0mg/dLを越える状態が、数年間は続かないと起こりません。この7.0mg/dLは、血液検査によって解る事ですから、一般的に中々面倒で機会も有りません。

 

予防

痛風は圧倒的に男性に多い病気です。

各医大の調査によると、男性が98.5%で女性は1.5%であったそうです。

これほど男女差のはっきりした病気も珍しく、理由は痛風の原因である血液中の尿酸値が女性は男性より低い事からです。

 

しかし、女性が全く痛風にならないかと言うと、そうではありません。

閉経後に女性ホルモンの分泌が無くなることによって、尿酸値は上昇し排泄を促すことが出来なくなるからです。

閉経後の女性は、男性に等しく注意が必要です。

 

近年は、医学研究が進み、良い薬やサプリメントなどが開発されたため、適格な治療や尿酸を下げるようなサプリメントの摂取をすることで、痛風は防げるように成ってきています。

 

また毎日1Lから2Lの水分補給をし、尿や汗で尿酸を排出すれば予防に成ると思われます。

プリン体の多い食品を極力避け、生活習慣を改善することによって、痛風は予防することが出来るのですが、実際は可能でしょうか。尿酸値を下げて排泄を促すサプリメントが、広く販売されています。中でもアンセリン系のサプリは効果が高いと言われています。それらを摂取し健康な生活を送らねばなりません。